食事の摂り方を変えるだけで病気が治る日本人に合う自然食・健康食品は!

FrontPage

ようこそボナンザへ

食と健康がテーマのボナンザ!
なぜ食事の摂り方を変えるだけで病気が治るのか

この世の中に、これまで私は一度も病気になったことがない
という人がいるだろうか、どんなに体の丈夫な人でも
いくら健康に自信のある人でも、
一度くらいはカゼをひいたことがあるだろう。

また反対に、不摂生の限りを尽くした生活をおくっていても、
ガンにも糖尿病にもならない人がいる。

人はなぜ病気になるのか、また治るのか。

同じような生活をおくっていても、病気にかかる人とそうで

  ない人がいるのはどうしてか。

 そんなことは、もうとっくの昔に現代医学が解決がついて
 いるはず、と思われるかもしれないが、実は、解決はついて
 いない。
 血液がどこでつくられ、どんな働きをしているのか
 というより、解決済みの問題として扱われているのです。

 ところが、その姿勢が根本的に間違っているとしたら
血液は消化管でつくられる

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を改善させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)~ガン改善率100%への挑戦~
  • その血液についての考え方の誤りこそが
    • 現代人の体質の悪化、慢性病の激増を招いた元凶となって
       いるのです。
       
    • 現代医学では、血液は骨髄組織でつくられるというのが定説だが
  • 実は消化管でつくられるという事実
    • 血液の最も主要な働きは、酵素や栄養物を運ぶベルトコンベア
       機能だとされているが、本当は直接的に体の中のすべての細胞に
       変わっていっているのです。
  • 血液がすべての細胞に変わっていっているわれわれの体は
     「血の袋」なのだ。
  • ということは、血液の性質次第で、体細胞の質、すなわち体質は
  • 良くも悪くもなるのだ。
    • つまり、血液が汚れるために発病または病気の悪化がすすみ
       血液がきれいになると病気は確実に治癒していくのである。
    • その血液をつくるのに必要な食物の質が、血液の質を、さらに
       体質をも決定するのである。

何気なく口にしている毎日の食事が、お菓子がそして飲み物

  が、病気になる体質か、なりにくい体質かを左右するので
  ある。

現代医学・栄養学はここのところを見落としているがゆえに
'好ききらいなく何でも食べよ'などという無責任な発言が
 なされるのである。

お名前 *
メールアドレス *
内容 *

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional